同族経営をしている企業はブラックなのか

decision-1013712_640

同族経営をしている企業していると聞くと、少しブラック色が強く感じる方も多いと思います。

個人的には、出世して行く事を前提に考えるのでしたら、同族経営を重視している企業に勤めるのは、ブラック企業関係なくオススメしません。

理由としては、社長から幹部まで身内、または関係者で埋めてしまうからです。どれだけ、結果を出してる社員がいても、どこから呼んだのかも分からないような親戚や社長の息子が突然空いたポストに就く可能性もあるのです。

そのため、出世を目指すのでしたら、同族経営を重視している企業の入社は控えるようにしましょう。

スポンサーリンク

同族経営をしている企業は日本に多いのか

正直言って日本の企業の中で、同族経営を全くしていない企業は少ないです。多かれ少なかれ社長の血縁者がいる事が多いです。ただ、歴史のある大手企業だったり、上場している場合は株主の存在もあるので、一方的なワンマン体制を敷く事ができず、ある程度抑止されています。

そのため、同族経営をしている企業を全て排除すると就職が難しくなります。ただ、普通に転職活動をしている際に、ある程度の規模の企業で同族経営をしているか否か調べる方は少ないと思います。

また、過度に同族経営を重視するような社長が経営する企業でないのでしたら、それほど出世が難しくなるほどではないと思います。

注意すべきなのは、中小企業にある、社長から幹部まで全ての役員を身内で固めているような企業になります。

なお、上場していても、偶に見かけるので注意が必要です。そのため、転職する際は、最低限でもサイトに載っている役員の名前を確認して、同じ苗字が連なっていないかのチェックはするべきと言えます。

特に、社長の奥さんが役員として働いている場合は、非常に同族経営色が強い可能性があります。

また、働く側の社員としても神経を使うのでオススメしません。

まあ…従業員数が多いのでしたら、そもそも一緒に仕事をする機会自体が少ないので、問題がない場合もありますが、それでも出世を目指すのでしたらオススメはしません。

同族経営企業はワンマン社長が多いのか

ワンマン企業はブラック企業なのかで詳しく述べていますが、同族経営企業に限らずに、規模の小さい中小企業や起業したばかりの企業は、ワンマン社長が多いです。

理由としては、社長から社員までの距離のが短い事から、わざわざ幹部や役職持ちに伝える必要がない事、そして起業したばかりの成長期の企業は、変化にどれだけ素早く対応するかが大切になるので、社長が一方的に指示を出す事が多いです。

ただ一方で、突然思いついたような、または何らかの勉強会で影響を受けた取り組みを実施することもあります。例を挙げると、朝の朝礼や研修などになります。

そのような、思い付きに振り回されるリスクも許容できないと働き続ける事は難しいと言えます。

ブラック企業が多いのか否か

客観的に見てブラック企業と判断できる企業は存在しますが、ただ「同族経営をしている企業=ブラック企業」が成り立つわけではありません。

前述したように、全く同族経営していない企業は少ないです(特に中小企業)。問題なのは、度を超えた親類の優遇になります。

ブラック企業と判断できるのは、後者の度を越えた同族経営企業になります。

その点を考慮して、事前にネットで情報を集めたり、面接時に聞くと良いでしょう。

面接官が最初から社長の親類の方でしたら…諦めましょう(笑)

なお、リスクを回避するのでしたら、規模がそれ程大きくなく、役員に社長と同じ苗字が目立つのでしたら注意した方がよいかもしれません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加