ブラックアルバイトを無理やり辞めるには

530cf35e98f6709237513c99107e24d3_s

ブラックアルバイトを辞められずに頭を抱えている学生の方は多いです。

とは言っても、ブラックアルバイトは、人によって基準が異なるので、客観的にみてブラックじゃないだろうと思えるものから、テレビで取り上げられる程に悪質なものまで幅広いです。

そして、後者の場合は、退職を店長に行っても脅されたり、賠償金の請求などで辞めさえて貰えないこともあるようです。

日本には、職業自由の選択があるので、アルバイトに関わらずに退職を拒否される事は基本的にありませし、雇用主側が拒否することもできません。

そのため、もし拒否されたら無理やり辞めてしまうのも一つの手段です。特に給料の未払いや、最初の契約以上のシフトを無理やり入れて学業に支障を与えるようなブラックアルバイトは無理にでも辞めた方が良いと思います(給料の未払いの場合は労基に相談しましょう)。

スポンサーリンク

アルバイトの辞め方

wysiwyg_b79921264a60c8e28f5e

マナーとしては、就業規則を守って(通常は1ヶ月程度)退職する事が一番ですが、すぐにでも辞めたいのでしたら、民法の「退職したい意思を申し出てから14日間で雇用契約を終了する」を優先させてもよいです。

もし退職届を受け取って貰えないのでしたら、退職届を簡易書留などで送ってしまっても良いと思います。後は、14日間経てば退職が認められます(有期雇用契約の場合は除きます)。

即日で辞めたい場合どうすれば良いのか

バックレはオススメしません。必ず一度は店長に会って退職届を出すようにしましょう。即日で辞められるかどうかは、店長との交渉しだいになります。

もし、断れたらのでしたら、14日間は働く方がリスクは少ないです。

ただ、体調不良等を理由に、これ以上働く事はできないと強硬しても良いかもしれません。

まあ…アルバイトがバックレても懲戒解雇や賠償金のリスクを負う事はほぼありませんし、事前に退職する事を述べていれば、基本的には大丈夫だと思います。

懲戒解雇の条件も、14日間連続(営業日)で無断欠勤することになるので、退職届を出した後に欠勤すると先に民法の退職条件を満たすので普通は回避できるの心配はいらないと思います。

社員となると、退職金の問題もあるので、偶に揉める事もあるようですが、アルバイト相手に懲戒解雇か否かで揉めても企業にメリットはありませんし、仮に懲戒解雇した後に、裁判で揉めたら企業にとってはデメリットしかないと言えます。

なお注意点としては、有期雇用契約(アルバイトの場合は最長で1年)の契約を結んでいる場合は、上記の法律は当てはまらないので注意してくださいね。

そのため、一度あなたの雇用契約の内容を一度確認する事をオススメします。なお、止むを得ない理由があれば、1年以内でも辞める事は可能です。

また、労働契約書や口頭の契約に置いて期間を定めなかった場合は、「期間の定めのない契約」となる事が一般的です。

無理やり辞めると賠償金の請求がくるのか

企業側が従業員に賠償金を請求するには、具体的な金額と明確な因果関係が必要になります。

仮に無理やり辞めたことで、店舗が人手不足になっり、従業員に賠償金を払わせようとした場合は、辞めたことによって生じる具体的な金額を算定する必要があります。

飲食店の場合ですと、アルバイト一人いない事で忙しくなる事は目に見えて分かりますが、具体的にアルバイト一人辞めた事による損害額を算定し立証するのは困難を極めます。また、仮に出せたとしても、アルバイト一人辞めただけで支障をきたすような経営状態をバラすることになります(他のアルバイトや他の店舗から応援を呼ぶなどの対処ができないのかと思われます)。

仮に訴えたとしても、急病で一人倒れただけで経営できないような状態が問題あるとされる事が多いと言えます。また、仮にサービス残業や給料の未払い、パワハラ・イジメがあれば確実にバレることになります。

そのため、アルバイトで賠償金の支払いをする必要性は基本的にないと思って良いです(もちろん絶対ではありませんが)。

なお、企業がもし給料から勝手に賠償金を差し引いたら違法になるので、労基に連絡すれば相談に乗ってくれると思います。

ブラックアルバイトを辞める

例え問題のアルバイト先でも、退職届を出す事はした方がいいです。また、制服などがあるのでしたら、返却しないと制服代を給料から引かれてしまいます。

もし、店長が受け取らないのでしたら、本社などに連絡するのも一つの手段です。

実際に現場の店長が暴走している事も結構あるので、本社を通せばスムーズに退職できることあります。

それでもダメなら前述したように内容証明郵便などで退職届を送り付けるようにしましょう。

14日間働くか、辞める事を述べて欠勤するかはあなた次第と言えます。

後者に関しては面倒事になる可能性も多少ありますが、基本的に賠償金の支払い義務が生じたりする事はないですし、懲戒解雇も退職届を出して置けば平気だと思います。

まあ…サービス残業やパワハラ、イジメをしているようなブラック企業が事を荒げるとは思いませんが。

なお、個人的には法律や就業規則に従って辞める事をオススメします。

(注意点:この記事はあくまでも、私が調べた知識になるので注意してください。そのため、実際にバックレなどして問題になっても責任は負いません。)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加