ブラック企業の採用活動方法

005bc446aa5138424da405e3bc61b645_s

ブラック企業を回避する事を考えるのでしたら、ブラック企業の採用活動方法について知って置く事が大切です。

大企業と中小企業で採用活動の方法も異なってきますが、このページで簡単に両方について述べて行きたいと思います。

スポンサーリンク

ブラックな大企業の採用活動方法

急成長して、大企業と呼べるブラック企業にありがちな採用方法としては、人件費を抑えて、採用活動費に予算を回す方法になります。

長期的なビジョンで見れば、給料体系や福利厚生を整えて、社員の離職率を抑え、人材を育てられる環境を整えた方が良いです。デメリットとしては、人件費が掛かるので成長のペースが少しゆっくりになる点、そして経営が突然悪化すると待遇を維持できなくなる可能性があります。

一方で最初に述べた人件費を抑え採用活動にお金を掛ける事のメリットとしては、経営が悪化した場合は、ある程度予算を管理できる点になります。

また、採用活動費にお金を掛ければ、大手の新卒サイト、転職サイトの検索上位やトップページにも掲載できるので、一定数の人材は確保できるというメリットもあります。

短期的な利益を考えると効率が良いと言えるかもしれません。

ただ、大企業のブラック企業は風評が広まりやすいので、長期的に見ると、人材不足が加速するどころか、お客の数も減って行く可能性があります。

ブラックな中小企業の採用活動方法

一番多いのは、ハローワークに掲載している企業になります。

ハローワークは求人の掲載にお金が掛からないので、企業側も気軽に求人を出す事ができます。

そのため、余裕のないブラック企業や待遇を良くできない企業が掲載依頼をしている事が多いです。もちろん、健全な経営をしている企業もありますが、求人だけで判断するのは難しいので、面接時などに判断する事が求められます。

なお、ハローワークの職員からの情報は信用しない方がいいです。職員によってアタリ・ハズレの差が激しいですし、電話で求人の確認をしてくれる程度だと思った方がいいです。

また私の個人的な体験をになりますが、聞いた事のないような転職エージェント?のようなものは利用しない事をオススメします。何故転職エージェントの語尾『?』が付くかとうと…一度転職エージェントと思えない程に低品質なサービスを受けた事があるからです。

中小企業の中には、最初の選考、または説明を転職エージェントのような会社に頼む事があります。

その時に、転職エージェント側からサービスを受けて見ないかと聞かれてアンケートを書いて登録した事があります。なお、その時に受けた企業の選考は既に採用人数が埋まっていたそうです(笑)

その後、メールや電話などで企業の紹介を受けましたが、ネットで調べるとブラックな評判が強い上に、紹介を受けなくても応募できる企業ばかりで、結局1回も利用しませんでした。

大手のDODAやアイデムといった転職エージェントや専門に特化した転職エージェントは、上記のような低品質なサービスは提供しませんが、聞いた事のようなような転職エージェントには注意するようにしましょう。

ブラック企業を回避するために心掛ける事

f98a64f1b68b8ce5bd290bd9b0feb516_s

まず、消費者側の立場だとホワイト寄りの企業だと思っても、働く側からみるとブラック企業と呼べる事も多いです。

また、前述したように転職サイトのトップページやメルマガなどで『注目企業』として送信されてくる企業だからといって、ブラックではないという保証はありません。

お金さえ払えば、ブラック企業の求人でも優遇されます。

また、中小の転職エージェントになると、成功報酬以外のセミナー開催費や選考時点における紹介料などを利益の柱にしていることもあります。

もちろん、中小の転職エージェントの中にも、業界に特化した専門の企業もあり、非常に質の高いサービスをしてくれる事もあります。ただ、その場合は事前に面談や電話によるヒアリングを徹底する事が多いですし。

逆に前述したように、簡単なアンケートをしただけで、登録者の希望などを聞かないような転職エージェントは利用しない事をオススメします。

また、応募する前にネットで情報を集めたりすることも忘れないようにしましょう。

⇒転職・再就職にオススメの転職サイト一覧

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加