ブラック企業からバックレる事のリスク

fc0827f351a1f069a316268a7650fc19_s

ブラック企業を辞めたいけど辞められない方も多いと思います。人によっては、退職届を出さずに無断欠勤で辞めてしまいたいと思う方もいらっしゃると思います。

ただ、無断欠勤によるバックレはリスクも高いです。

就業規則で、無断欠勤を懲戒解雇の理由にしていることが多いです。また、無断欠勤をされると企業側は、社員に何かあったのではと考え、余計なトラブルを発生させる原因にもなります。

また、無理やり辞めたとしても、離職票や源泉徴収票を貰うことになるので、結局は企業側とのやり取りは継続することになります。

そのため、退職届などを一切出さずに無断で辞める行為は止まるようにしましょう。

なお、就業規則で無断欠勤を懲戒解雇としていても、良心的な企業だと自己都合にしてくれることもあります。

ブラック企業でも、労働基準監督署に手続きする手間を惜しむこともあるので、無断欠勤で懲戒解雇になること自体は少ないですが、可能性は捨てきれないので注意しましょう。

スポンサーリンク

退職届を一方的に出して辞める事はできるか

退職願は、企業側の了承が必要ですが、退職届は一方的に退職する意思を伝える手段になります。提出すれば、法律上は14日間経てば辞めることができます。

法律は就業規則よりも優先されるので、仮に就業規則で1ヶ月前に提出する事が定められていても損害賠償など求められることなく辞める事が基本的できます(有期雇用は別です)。

そのため、ブラック企業を1日でも早く辞めたい、辞めないと体が壊れると思うのでしたら、退職届を出して、残りの14日間は有給休暇を使用して乗り切るという手段もあります。できれば、人事権のある上司に直接渡すことが望ましいですが、内容証明郵便で退職届と有給休暇の申請を送っても良いです。

ただ、これは本当に最終手段です…

企業側は有給を受け入れずに、離職票に重責解雇とした場合は、ハローワークで手続きをして是正して貰ったりと手間が掛かります。

そのため、退職届を出しても受け入れない、パワハラ等が酷いといった問題のある企業以外にはしないようにしましょう。

⇒上司に退職届を受け取って貰えない場合の対処法

突然辞めた場合は損害賠償を求めらえるのか

d32a4e51b868e5b45368cae875d2f6ae_s

退職届を出して、有給休暇を申請したのでしたら、損害賠償を求めらえる事はないでしょう。ただ、何らかのプロジェクトのリーダーで、代わりを務める方がおらず、プロジェクトを成功させる上で大切な日に欠勤などすれば、損害賠償などが請求される可能性はあります。また、有給休暇も断られても諦めざるを得ない可能性もあります。

逆に、それぐらいの事がなければ、社員1人の欠勤によって企業は損害賠償を求める事はできません。

もし、一人が急遽事故などに合い、仕事を休んだだけで代わりの人材がおらずに、重大な損害が生じるのでしたら、そのような体制を放置している企業側が悪い事になります。

そのため、基本的には、退職の意思を示して、退職までの日にちを有給休暇を使って休んでも問題は起こりません。仮に有給休暇が無くても、事前に体調不良などで休むと言っておけば、無理に休んでも損害賠償を支払う義務が課される可能性は低いです(企業から一方的に請求される可能性はありますが)。

ただ、何度も言うように余計なトラブルが発生する可能性が高いので、最低限のマナーを守って退職する事をオススメします。

※この記事に通りに辞めて不利益が発生しても、自己責任でお願いします。あくまでも、参考の一つにしてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加