40代以降の転職・再就職に求められるスキル

f874223c1f88399089780e44f4223798_s

40代、50代で転職・再就職をする場合は、基本的には小さい中小企業に移る事になると思います。

大企業となると、余程の実力を兼ね揃ている訳でなければ、わざわざ40代、50代の中高年の方を採用する事はありません。

また、実力が外部でも認められているのでしたら、ヘッドハンティングなどで再就職や転職を持ちかけられると思った方がいいです。

そのため、退職勧奨を受けて止む無しに退職することになり、再就職先を探すことになった場合は、高望みせずに今のスキルで働ける企業を探す事をオススメします。

給料の減額や、企業の格のようなものを気にしていると再就職先が全く見つからない可能性もあります。

スポンサーリンク

中高年の方が求められるスキル

40代、50代以降の方で、中小企業に求められるスキルは、部下を扱う事は勿論ですが、利益を上げるための実務的な仕事も求められます。

大企業ですと、順調に出世してある程度の役職に就くと、マネジメントが中心になってきますが、中小企業は一人の社員が複数の職務を兼任することが多く、ベテラン程に幅広い仕事を手掛ける事が求められる傾向が強いです。

そのため、再就職する際は、マネジメント能力だけではなく一般社員の仕事の代わりもできる事が求められると思った方が良いです。

定年まで今の企業に働ける見通しがない方へ

もし、今の企業に定年まで働きたくても働ける見通しが明確になっておらず、万が一退職勧奨の対象にされるリスクがあるのでしたら、前述したようなスキルを持っており、スムーズに転職できるか考えてみると良いと思います。

転職時に必要になるのは、ただスキルがあると思いこむだけではなく、具体的な実績などをもなければ証明できません。

もし、危険と感じているのでしたら、これからのどのように働いて行けば転職・再就職時に有利になるか考えると良いと思います。

企業は中高年の応募者に厳しい

企業にとって負担は、給料が高い30代後半以上の社員の方達になります。

企業の実益をしっかりと出している方ならいいですが、一方で企業にとっては負担以外の何物でもない人材もいます。特に50代を過ぎると体力の減少と共にこなせる仕事量も減るので、給料の負担はひらすらに重いです。

そのため、企業側としては実益に直結する即戦力の中高年でなければ採用してくれない事が多いです。そのため、前述したように面接時に企業に対して具体的に貢献できるスキルと実益を保証できないと簡単には採用されない事を心がけましょう。教育する必要があるのでしたら、給料も低くすむ若者を採用した方がお得です。

人手不足の業界に再就職する手段

人手不足の業界は転職しやすいのかでも述べていますが、人手不足とされている介護といった福祉の業界や未経験者でも短期間である程度の戦力となる飲食店の接客業などは確かに中高年の方でも採用されやすいです。

ただ、体力面では非常に辛い上に、未経験の仕事ですとキャリアがリセットされるので給料は大幅に減額します。

そのため、転職・再就職するのでしたら、それなりの覚悟が必要と言えます。

派遣として働く

中高年で解雇・リストラされた方の中には、派遣として働く方もいらっしゃいます。

仕事さえ選ばなければ、派遣として働き続けることも十分可能です。また、前職の経験が活かせる仕事の派遣でしたら時給もそれなりに良い可能性もあるので一概に悪い選択肢ではありません。また、給料が下がる一方で、残業なども少ないので働きやすいという点でも良いかもしれません。

ただ、それでも給料が大幅に減額する可能性は非常に高いと言えます。

⇒転職・再就職にオススメの転職サイト一覧

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加