30代でリストラ・解雇された後の再就職先

4a122bb2096e2aaff8bddae4731b414e_s

リストラ・解雇される理由は人によって異なります。

ただ、「企業の財政が悪化し整理解雇のためにリストラされた」、「就業規則違反や問題を起こし解雇された」といった理由が一般的には多いと思います。

人によっては、「希望退職」といった名目で、半ば強制的に退職せざるを得ない方や、工場が閉鎖して職を失ってしまった方もいらっしゃるかもしれません。

スポンサーリンク

30代以降の再就職の難しさ

30代以降の再就職は難しいとうのが一般的です。理由としては、未経験者歓迎の求人は20代の方を対象にしているため、30代の方の場合は求人の数が減少します。

また、30代以降の方の場合は、今までのキャリアを活かせる仕事を選ばないと給料は大幅に減額しますし、企業からも内定が貰えない可能性が高いです。

そのため、30代以降の再就職は難しいとされています。

ただ、最近はこの通説が否定され始めてもいます。

理由の一つは少子高齢化による人手不足が挙げられます。

大手企業となると難しいですが、中小企業は人手不足が生じやすいですし、新卒を1から育てる暇もない事が多いです。そのため、即戦力が期待される中途者が重宝される事もあります。

また、ベンチャーの企業においても30代以降のベテランの方が重宝されます。理由は簡単で、ベンチャー企業も結果を出す事が最優先で、人を育てる事が出来ないからです。

したがって、一定の仕事水準を満たしてくれる方は優先的に採用されやすいです。

リストラ・解雇される前に転職を考える

f98a64f1b68b8ce5bd290bd9b0feb516_s

企業の経営状況や、あなたの普段の勤務体制・仕事内容を客観的に見る習慣を付けていれば、将来的に定年まで働き続ける事が危険か否か判断する事は何となくできると思います。

また、仮にそのような兆候がなくても、転職活動自体は普段から続けておく事が大切です。

実際に転職するかどうかは決めていなくても、転職活動を通して、あなたの市場価値がどのくらいで、今の職場の待遇は適切なのか知っておくべきです。

自身の市場価値が分かれば、普段の仕事に対する取組みも変える必要があります。

今企業からリストラ・解雇されたら再就職が難しいという結論がでたのでしたら、どうすれば自身の価値を高める事ができるか真剣に考えるべきです。

facebookで転職活動できるアプリ:Switch

WS000134

Switchは、facebookを利用して転職活動ができるアプリになります。

Facebookを利用しているからといって、あなたのFacebookの情報が企業に公開されるはないので、友人や在職している企業などに転職活動などがバレることはありません。

スカウトメールの中に興味を持った求人がありましたら、「この求人にいいね!」のボタンを押す事で初めてマッチングが成立して、チャット機能が使えます。

その後は、チャット機能などを使って、お高いにメッセージのやり取りをする事になります。

個人情報は、しっかりと保護されているので、興味がありましたら、利用してみてはどうでしょうか?

Facebookを利用した新感覚転職アプリ『Switch.』

転職エージェント:DODA

転職サイトDODAで転職

大手の転職エージェントの一つで、日本全国の求人を扱っています。求人数も非常に多いですが、一方で転職支援を受けた人しか紹介されない非公開求人も多数扱っています。

転職支援を受ける場合は、最寄りのDODAの事業所で面談を受ける必要せいがあり、忙しい人にとっては多少手間も掛かりますが、相応のサポート、そして非公開求人を含めた求人から優良な企業の求人を紹介してく貰うことができます。

求人の紹介以外にも面接の練習や応募書類の書き方といったサポートもしてくれるので、利用して損は無いと思いますよ。

転職ならDODAエージェントサービス

失業しても誰も責任は取ってくれない

一つの企業の中で、上司の顔色を伺いながら仕事をする事で出世していく事を否定しませんし、ある程度の人間関係は良好にする事は大切です。

しかし、企業の経営がずっと好調だという保証はありません。企業が倒産するリスクもありますし、大企業でも整理解雇の対象にされる可能性は十分あります。

実際に、昔から存在する大手の企業も、希望退職を募り、それでも足りなければ正社員でも解雇しますし、メディアでも取りあげられる事は多いです。

そのような状況になった時に、一つの企業だけではなく、同じ業界・職種の企業であったら、どこでも活かせるスキルを磨いて置く事が大切です。

また、転職・再就職を容易するために、数字によって明確に分かる実績を残したり、仕事能力を保証する資格なども積極的に取得して置く事は非常に大切です。

自分の意思ではなく企業を去ることになり、再就職先が見つからなくても誰も責任は取ってくれません。

最後に頼りになるのは、今まで積み上げてきた経験と実績になります。

前述した30代で企業から求められる人材とは「即戦力」になります。

そのため、一つの企業でしか通用しない人は即戦力として見做されませんし、実績もないと証明することもできません。

そのため、少子高齢化によって人手不足だからといって、簡単に転職・再就職先が見つかるとは絶対に思わないでくださいね。

即戦力ではなくても採用される業界

即戦力でなくても30代で採用される業界はあります。

それは、サービス業界…得に人手不足が問題となっている介護業界や飲食業界、物流(免許は必要)などになります。

異業種の転職となると、給料は大幅に減額されますし、30代以降から新しい事を学ぶのは非常に大変です。また物流を初めて体力的にも精神的にも非常に負荷が高い事からも人気がない業種と言えるかもしれません。

上記に挙げた業種以外にも30代以降でも比較的に容易に転職できる業種はありますが、それなりの理由はあります(詳しくは説明しませんが何となく分かると思います)。

給料が大幅に下がる事が多いので、生活も一変するか可能性が高いです。

そのような事にならないためにも、普段からの仕事に対する意識を変えて行き、企業が経営が悪化しても、慌てずに転職できる人材になりましょう。

⇒中高年の再就職難民からの脱却

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加