20代でリストラ・解雇された場合の転職活動

cd5ace0fe497b2d6fe77581912ba7008_s

20代でリストラ・解雇されたら、もしくは退職勧奨されているのでしたら、企業とは揉めずに、迅速に他の企業に転職する事をお勧めします。

即日解雇の場合は、解雇予告金である1ヶ月分の給料を請求するといった事も出来るので検討しても良いと思いますが、解雇無効の訴訟等をして無理にしがみつく必要はないと言えます。

職を失う事は非常にストレスになりますし、生活資金の不安も発生すると思います。ただ、20代の方でしたら、異業種の求人も含めて求人数は非常に多いです。そのため、チャンスは非常に多く、不要と判断された企業に固執する必要はありません。むしろ、20代の伸びしろのある人材を簡単に辞めさせようとする企業で働いていても、将来性があるとは思えません。

自分から見切りを付ける事も大切だと思います。

⇒若者の短期退職による転職活動

スポンサーリンク

20代の転職・再就職の難易度

20代の転職・再就職となると、まだまだ社会人としてのキャリアが短いのでキャリアアップは難しいと言えます。ただ、前職の業界・職種と同じで、経験年数が3年を超えているのでしたらある程度の評価はされるかもしれません。

また、3年未満の場合でも20代の方でしたら若さが大きな武器になるので、ある程度求人を選ぶこともできると思います。

そのため、30代、40代の転職・再就職と比べれば比較的に難易度は難しくないと思います。

転職・再就職で注意するべき事

もし企業から退職・リストラされたのでしたら、その理由を正直に答える事はないようにしましょう。履歴書などでも企業を辞めた理由までは書く必要がなく、「退職」のみの記載でも大丈夫です。

面接では必ず聞かれると思いますが、正直に答えるのではなく、向上心に関わる理由や他にやりたい仕事ができたといったプラスな判断をされる理由を述べるようにしましょう。

選考を受けている企業が前職の企業に理由を問いただす可能性も0ではありませんが、一部の職種(警備員など)を除けば少ないです。また、聞くこは違法ではないですが、前職の企業が個人情報を述べる事は違法になるので、普通の企業は答える事は少ないと思います。

在職中と退職後の転職後ならどちらが良いか

9fc49a403bad4234097fc804b8c9cee0_s

どちらが一概に良いとは判断できませんが、リスクの少なさでしたら在職中が良いでしょう。もし、退職勧奨を受けているのでしたら、交渉して1ヶ月~2ヶ月程後の退職にするように伸ばし、転職先を見つけると良いでしょう。

退職が前提の期間でしたら、有給も使いやすいと思うので、転職もしやすいと思いますし、仮に断れても辞める企業だと開き直って、有給休暇の権利を主張して無理やり休んでも良いと思います。

また、失業手当が貰える期間勤めているのでしたら、リストラ 会社都合退職と自己都合退職の違いと注意点詳しく述べていますが、企業都合退職を条件に退職を受け入れる事をお勧めします。

自己都合退職と会社都合退職では失業手当が貰える条件も、支給を受け始める時期も異なるからです。

仮に企業側が横暴な態度を取り、イジメやパワハラ、大幅な給料の減額が伴う異動等をしてきたのでしたら、ICレコーダーで証拠を取ったりしておきましょう。

企業側は、やむを得ない理由がないと簡単には社員を解雇・リストラできません。そして無理やり辞めさせようとすると、法に触れる事が多いので、少しでも有利に辞めたりのでしたら証拠の確保をする覚悟をしても良いと思います。

ただ、企業と抗戦する程にストレスが溜まりますし、時間も無駄に消費するので、さっさと転職するメリットを天秤に掛けた上で、どこまで企業と交渉し戦うかは自分で決めるようにしましょう。

facebookで転職活動:Switch.

WS000134

Facebookを利用した新感覚転職アプリ『Switch.』

facebookを利用した転職アプリと聞くと自分の個人情報がバレたり、友人や現在勤めている企業に転職活動がバレるのではと不安に思う方もらいらっしゃると思います。

安心して欲しいのは、facebookを利用した転職アプリだからといって、顔写真や氏名が公開されるわけではありません。

顔写真や氏名が企業側がに伝わるのは、マッチング後になります。

マッチング方法としては、企業から送られてくるスカウトメールに対して、「この求人にいいね!」を押した場合になります。

その後は、チャット機能が使えるようになるので、その機能を使ってメッセージのやり取りすることができます。

企業のブロック機能もあるので、前職の企業からのスカウトメールなどを防ぐ事もできます。

Switchでしか扱っていない求人もあるので、興味がありましたら利用してみてはどうでしょうか?

転職エージェント:DODA

転職サイトDODAで転職

大手の転職エージェントの一つで、日本全国の求人を扱っています。求人数も非常に多いですが、一方で転職支援を受けた人しか紹介されない非公開求人も多数扱っています。

転職支援を受ける場合は、最寄りのDODAの事業所で面談を受ける必要せいがあり、忙しい人にとっては多少手間も掛かりますが、相応のサポート、そして非公開求人を含めた求人から優良な企業の求人を紹介してく貰うことができます。

求人の紹介以外にも面接の練習や応募書類の書き方といったサポートもしてくれるので、利用して損は無いと思いますよ。

転職ならDODAエージェントサービス

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加