20代の失業と再就職

67c7774099088531a074c527091fd764_s

20代で失業状態にある方の多くは、会社の倒産、リストラ、会社を辞めたけど転職が上手く行かなかったという理由を抱えていると思います。

長い人生を考えると、自分ではどうにもならない事態で仕事を失うこともありますし、若ければ甘い考えで仕事を辞めてしまって後悔する事もあります。

欲を言えば、危機意識を持って、会社が倒産しそうだったり、会社を辞める前に転職先を何とか見つけるべきですが、そのように上手く行かない事は往々にしてあります。

大切なのは、上手く行かない状況でも腐ったりせずに、次の行動を取る事がです。

スポンサーリンク

失業状態から抜け出す方法

失業期間が長引くほどに職歴の空白期間も伸びて行きます。

空白期間は、一般的に3ヶ月を超えると面接官の目に止まるようになると言われています。

要は、3ヶ月間も転職活動をしているのに、採用されないと言う事は、「何か問題を抱えている人物なのでは?」と思われるようになるのです。

そのため、既に3ヶ月間を超えているのでしたら、資格の取得を目指していた、本当に続けたい仕事を考えるために自己分析などをしていたといった理由を考えておきましょう。

もし、そのような理由がなく、

単純に転職活動をする気にならなかった

転職活動が上手く行かなかった

という理由でしたら、無理にでも理由をつくるか、多少の足を引っ張られても正直に話すようにしましょう。

未経験者歓迎の20代の方を対象にした採用活動で企業が求めるのは、一緒に働きたいと思える人物である事と、面接を通して強い志望意欲が感じられるかどうかになります。

企業は20代の中途者に対しては、問題が人物だから辞めたのでないかといった警戒をしている事が多いので、そのような警戒を解けるように面接に挑むようにしましょう。

大手企業に再就職する事は難しいのか

歴史のある安定した大手企業は人気が高いので、新卒者の退職者も少ないので、わざわざ20代の中途者の採用活動をする必要は少ないです。

ただ、偶に新しい事業を始めるために緊急で採用活動を始める事はありません。

しかし、その場合は数人の枠に数百人が押し寄せる事も当たり前なので、能力の高さと運の良さが求められます。

大手企業ばかり狙っていると、失業期間だけが伸びて行くので、中小企業などを狙って、将来的にキャリアアップの転職を考えるべきと言えます。

優良な中小企業に転職する方法

entrepreneur-1103722_640

一番のオススメは、転職エージェントを利用する事になります。

DODAといった転職エージェントを利用すれば、ブラック企業寄りの企業は、扱っていないので、労働環境が著しく悪い企業の入社を回避することができます。

また、キャリアコンサルタントが、あなたの希望に合い、応募できる求人のみを紹介してくれるので効率よく就職活動をすることができます。

デメリットとしては、面談する必要があるので、手間が掛かる点になります。ただ、本気で再就職したいのでしたら、多少の手間を惜しまずに就職活動をするようにしましょう。

また、転職エージェントと併用して、自分でも転職サイトなどを利用して、求人を探すと良いと思います。

オススメの転職サイト

転職サイトDODAで転職

20代の方でも利用できる転職エージェントになっており、事業所も全国にあるので、比較的に面談も受けやすいです。

大手の転職エージェントなどの、求人数も非常に多いので、希望に合った求人も多く、応募できる求人も見つかると思います。

面接の練習や応募書類の添削から、就職にあたっての不安なども相談できるので、上手く活用して再就職を目指しましょう。

転職ならDODA転職サイト

Switch.

WS000134

facebookを利用した転職アプリになります。facebookを利用しているからとって、あなたのfacebookの情報が企業に公開される事はありません。また、友人などに就職活動がバレることもないので安心してください。

名前や顔写真も、企業のスカウトメールに対して「いいね」のボタンを押して、マッチングさせない限り公開される事はありません。

個人情報に関しては、かなり徹底されています。

なお、マッチング後は、チャット機能を使ってメッセージを交換する事ができます。

非公開求人も多いので、上手く利用すれば優良企業に転職できる可能性もあるので、利用して損はないと思いますよ。

Facebook転活アプリ Switch.

20代ならやり直しはいくらでも利く

解雇されたり、再就職先が上手く行かないと社会から自分は必要とされていないのではと思われる方もいらっしゃいます。

正直に言えば、あなたが働かなくても代わりはいくらでもいます。ただ、これはあなただけに限らずに全ての労働者に当てはまります(全員が働かなくなったら大問題ですが)。

そして、逆に言えばあなた自身も、多くの労働者の代わりとして働く事は可能です。

特に20代なら、貴重なスキルや経験を積んでいる方は少ないので、いくらでも代わりなる事はできます。

最近では、少子化の影響もあって、将来を見越した人材の確保に対して真剣に取り組んでいます。

もし、あなたが再就職先をなかなか見つける事ができないので、代わりを簡単に見つける事ができる大手企業だったり、ミスマッチな企業に応募している事が原因な場合もあります。

代わりの利かない人材などは滅多に存在しませんが、少子化で人手が足りない状況で不要な人材が存在する事は決してありません。

また、20代なら前述したように何にでもなれる年齢なので、企業に必要とされている、去れていない等考えずに、将来的にやりたい事を考えて挑戦すべきです。

失敗してもやり直しがいくらでも利く年齢なので、大切なのは諦めずに再度挑戦する姿勢になります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加