20代から派遣社員として働くメリット・デメリット

1c7e0943f1e1988a339687b7f878b571_s

派遣社員として20代から働く事のメリットとしては、基礎的な能力を幅広く学べる事と、プライベートな時間が確保しやすいので、将来的に就きたい仕事の資格の勉強等ができ事が挙げられます。

一方でデメリットとしては、出世できないので同性代との賃金格差が少しずつ広がって行く点と、将来に対する不安を抱えながら働く事になる事が挙げられます。

スポンサーリンク

派遣社員のメリット

最初に述べたように、基礎的な能力を学べる点になります。信頼できる派遣企業を利用すれば、正社員として勤めるには非常に難しい大手企業でも働く事は、それ程難しくありません。

また、そのような企業で働くために、派遣企業独自の研修を無料で受ける事も可能なので、スキルも学びやすいです。

他にも、残業が少ない点が挙げられます。派遣社員は、あくまでも派遣企業に所属することになるので、正社員程に責任を負う必要がありません。また、派遣社員は賃金の負担が重いので、残業をさせないで定時に帰らせたいのが企業側としの意思になります。仮に残業代を払うのでしたら、やはり正社員の方に払いたいという思いも企業にはあると言えます。

そのため、派遣社員は残業なく、プライベートな時間を充実させやすいと言えます。

もし、将来的に起業したり、資格を取得して専門の職種に就きたい、または公務員試験に挑みたい方にはオススメと言えます。

一方で、単純に責任が軽い、残業が少ないといった理由で派遣社員として働く事はオススメしません。

派遣社員のデメリット

派遣社員のデメリットとしては、出世できない点になります。ある程度の経験を蓄積すれば、時給の高い派遣先で働ける可能性はありますが、そこまでが限界になります。20代の頃でしたら、それ程同世代との給料は変わりませんが、30代以降になってくると一気に差をつけられるようになって行きます。

また、年齢と共に派遣先の選択肢も減って行きますし、スキルによっては全くと言っていい程に無くなって行きます。40代過ぎになって行くと、大手で働いていた方が、解雇・早期退職といった憂き目に合って派遣として働くような方も増えてきます。

派遣だけで働いてきた方と、正社員として大手や中小企業の要職で働いてきた方では積んできた経験とスキルが違うので、派遣だけしか経験のない方の職場は更に減って行きます。

もちろん、全くない事はありませんし、50代以降でも都市部なのでしたら、働く事は可能です。

⇒派遣で何歳まで働く事ができるのか

ただ、十分な貯金などを蓄えたりする事は難しいかもしれません。

20代から派遣社員として働くリスクを考える

何らかの目的を持っているのでしたら、派遣社員として働く事は間違っていません。

ただ、何度も言うように、何となく正社員として働きたくない、責任が軽いから派遣社員が良いといった理由で働くと、将来的に後悔します。

また後者の場合は、危機感を持つまで時間が掛かるので、ズルズルと派遣社員として働き続けてしまう可能性があります。

そのため、特にやりたい仕事がなかったり、目的を持っていないのでしたら、少しでも興味を持つ業界の企業で、正社員として働きながら、将来の事を考えることをオススメします。

ただ、何となく派遣社員として働く事は非常にリスクが高いので注意してくださいね。

⇒20代でリストラ・解雇された場合の転職活動

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加